作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

いのちの輝き フルフォード博士が語る自然治癒力 (R・C・フルフォード、上野圭一訳、翔泳社)

もしもこれまでの一生でいちばん印象に残る本をあげろ、と言われたら私はクリシュナムルティの著作と共に、この本を選ぶだろうと思います。
この本がどんなに素晴らしい書物かは、アンドルー・ワイル博士の次の序文の言葉を見れば明らかでしょう。
――『癒す心、治る力』のその章で、わたしはロバート・フルフォードを力強い手をもった寡黙な男として描いた。とくに請われないかぎり、かれは自分の方法を人に説明することもなく、深遠な思想を胸のうちにしまいこんでいた。患者に診断結果や治療法を説明するときも、つねに簡潔な言葉をもちい、ただの一度も専門用語は使わなかった。そのかれが自分の人生観と治療観について本を書くことに同意したと聞いて、わたしは驚き、かつ喜んだものである。――
この本は、人類全体の宝物のような書だと思います。一読を強くお勧めする次第です。