作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(18) 《最終回》

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「月曜日の会議をエスケープしたい」をどう訳しますか?

「月曜日の会議をエスケープしたい」という日本語を、あなたは律儀に If possible, I want to escape Monday's meeting. などと直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、If possible, I want to avoid Monday's meeting. と avoid を使って表します。

escape という言葉は、現状から逃げ出す時にしか使うことができません。

すでに会議に参加していて、途中で退出する場合は、I managed to escape from the meeting.(私はなんとかその会議から抜け出た)と言うことができます。

正しい形がescape from ~であることにも留意してください。

しかし、これから行われる会議に出たくない、という文脈においては、avoid(回避する、出ないですます)という動詞が適切です。

もちろん、I don't want to attend ~のように、ストレートに「参加したくない」と言うことも可能ですが。


                 (第9章 和製英語を通じる英語に直す より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。