作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(17)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「こんなに大きなテディーベアを買ってどうするの?」をどう訳しますか?

「こんなに大きなテディーベアを買ってどうするの?」という日本語を、あなたは律儀に What are you going to do having bought such a big teddy bear? などと直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、Why did you buy such a big teddy bear? と〈why〉を使って表します。

「~してどうするの?」というフレーズは、日本語では無益であることを強調する効果的な方法ですが、英語では同じ表現法で同様の効果は得られません。

直訳は文章を文章を複雑にしています。

このフレーズを日本語で言い換えると、「なぜこんなに大きなテディーベアを買ったの?」となるでしょう。同様のアプローチが英語にも適用されます。

Whyには軽い非難のニュアンスを含めることができるのです。

同様に、「こんなにカンカンに怒ってどうするの?」は Why are you so angry? と言えばすみます。実に単純ですね。

               (第8章 日本語の表現に引きずられない より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。