作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(16)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「会議室が見つからない場合は、受付に聞いてみてください」をどう訳しますか?

「会議室が見つからない場合は、受付に聞いてみてください」という日本語を、あなたは律儀に When you cannot find the meeting room, ask at the reception. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、If you cannot find the meeting room, ask at the reception. と〈if〉を使って表します。

「場合」という言葉は、日本ではwhen(~するとき)を使って翻訳する傾向がありますが、より自然な言葉は ifです。

ifは仮定を表す接続詞で、フォーマルな英語、会話英語の両方に言えます。

日本では、「したとき」と「するとき」が混同されているようですね。

同様に、「早めに駅に着いた場合は、電話してください」は、If you arrive at the station early, call me. と言います。

ここで〈when〉を使うと、おかしく感じられます。「場合」はあくまで仮定を表しているからです。

                        (第7章 視点を変える より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。