作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(15)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「あっ! 携帯どっかに落とししちゃったみたい!」をどう訳しますか?

「あっ! 携帯どっかに落とししちゃったみたい!」という日本語を、あなたは律儀に Oh, no! It looks like I dropped my cell phone somewhere. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、Oh, no! It looks like I lost my cell phone somewhere. と言います。

英語のdropには「失くす」の意味はありません。

もし誰かが携帯をdropした(取り落とした)とすると、その携帯をすぐ近くで見つける可能性が高いでしょう。

ですから、もしその文章が、携帯が行方不明で見つけることができないという意味ならば、lose という動詞を使わなくてはなりません。

ついでながら、日本語で「忘れる」という場合は、たいてい英語の leave という単語でカバーされます。

たとえば、「携帯を家に忘れた」はI left my cell phone at home.のように言います。

                   (第6章 英語の発想のクセを身につける より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。