作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(14)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「彼女はどうも口が軽くて、何でもすぐもらしちゃうんだ」をどう訳しますか?

「彼女はどうも口が軽くて、何でもすぐもらしちゃうんだ」という日本語を、あなたは律儀に She has a very light mouth and leaks everything immediately. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、She never stops talking.  She can't keep a secret. と2文に分けて言います。――その心は?

同種の情報を2つ含む文は、インパクトを強めるため、英語では2つの文に分けるのが普通なのです。

この場合は、「口が軽い」と「話をもらす」は同じ意味を共有しているため、別々の文に分けることで、各文で主張するポイントが強調されます。

同種の情報をandで1文につなげると、「そして」とか「それから」を連発する子供の発言のようになってしまいます。

さらにもう一点。

英語は、「人が何であるか・ないか」より「人が何をするか・しないか」を好んで述べる傾向があります。

したがって、人を描写するフレーズの代わりに、その人の行動を述べるフレーズ(上の She never stops talking. など)を使うことがより一般的です。

          (第5章 分割する・補足する・順番を変える より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。