作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(13)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「先月からテニスにチャレンジしている」をどう訳しますか?

「先月からテニスにチャレンジしている」という日本語を、あなたは律儀に I have been challenging tennis since last month. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、I started playing tennis last month. と言います。なんと簡単な英語なのでしょう!

日本語では「新しいことにチャレンジする」という表現がよく使われます。

しかし、英語のchallengeという動詞は、人に対してのみに使われ、活動や無生物に対しては使われません。

すなわち、to challenge a person to a game of tennis(人にテニスの試合を申し込む・勝負を挑む)ことは可能ですが、to challenge tennis itself(テニスそのものに挑む)ことはできません。テニスは人ではありません。

たいていの場合は、started playing tennis のようにダイレクトに動詞を使います。

                    (第4章 あいまいな表現をはっきりさせる より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。