作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(12)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「まだ解決すべき問題がいくつか残っている」をどう訳しますか?

「まだ解決すべき問題がいくつか残っている」という日本語を、あなたは律儀に Some problems that require solutions still remain. などと直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、We still have problems. と言います。なんとシンプルなのでしょう!

problemは「解決すべき問題、難問」という意味なので、「解決すべき」の部分も直訳すると、英語では重複になります。不要な情報はカットしましょう。

さらに、problemを複数形にすることで、someを割愛することができます。

こうして、We still have problems.という、実にシンプルな英文になりました。

「残っている」のニュアンスはstillで表しています。

同様に、「食べなくちゃならないケーキがまだ残ってる」は、I still have some cake left. と表します。

この場合は、好ましくない状況を示唆するために、left という単語が加えられています(have cake だけでは、好ましい状況なのか、好ましくない状況なのかが示されません)。

left は leftover の短縮形で、(賞味期限の関係で)早く食べる必要があることを示唆しています。

                     (第3章 不要な言葉をカットする より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。