作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(11)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「カキを食べたあと、具合が悪くなった」をどう訳しますか?

「カキを食べたあと、具合が悪くなった」という日本語を、あなたは律儀に After I ate an oyster I didn't feel well. などと直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、An oyster made me sick. と言います。驚くほどシンプルですよね。

「AしたあとBになった」を〈基本動詞make〉を使って表すことができます。

「カキを食べたあと、具合が悪くなった」という文は、「宿題をすませたあと、でかけた」などという文とは違います。

この文は、実は「カキを食べたために具合が悪くなった」と、原因・結果を表す文なのです。

このような場合、英語では「カキが私の具合を悪くした」と言い切ります。

これで、An oyster made me sick.と、たった5単語の文に縮めることができました。

なお、「直訳」の〈I didn't feel well〉というフレーズは、たいていは具合が悪くなった理由がわからない場合に使われます。この場合は、カキが犯人とわかっているので、もっと直接的な表現、〈make+代名詞+sick〉が余計にぴったりくるのです。

                         (第2章 やさしい表現を使う より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。