作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(10)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「やっと風邪が治った」をどう訳しますか?

「やっと風邪が治った」という日本語を、あなたは律儀に The cold is better at last. などと直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、I am better at last. と言います。

注意していただきたいのですが、英語のbetterという形容詞は、「あるものが存続して、よりよい状態になる」ということを表しています。

風邪がそのまま存続しては困るし、風邪がどんどん"善良に"なるというのも奇妙です。
よくなっていくのは風邪ではなく、私のほうなのです。

したがってこのような時、英語では、I am better at last.(私はやっと回復した)と表します。

理屈っぽく言うと、風邪が沈静化したあとも「私」は存続しており、その私が良い状態になったと言っているのです。

                     (第1章 「人」を中心に発想する より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。