作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(9)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「ダイエットのためにジョギングを始めました」をどう訳しますか?

「ダイエットのためにジョギングを始めました」という日本語を、あなたは律儀に I started jogging for a diet. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、I started jogging to lose weight. と言います。

日本人は「ダイエットしている」を「減量している」という意味に使うようですが、英語のdietという単語は(減量のために)カロリー制限することです。

dietの元の意味は「日常の飲食物」であり、ジョギング、ウェイトリフティング、ジムでのエキササイズなどとは無関係の言葉です。

したがって、「ダイエットのためにジョギングする」という言い方は、ネイティブスピーカーには奇妙に聞こえます。


「ダイエットのために」は、正しくは「減量のために」つまり、to lose weightと言わなくてはなりません。


同様に、「1年以上ダイエットのために毎日ジムを通っていたが、先月で断念した」という日本語は、I went to the gym every day for more than a year to lose weight, but I gave up last month. と言えば、すんなり通じる英語になります。

耳からだけ覚えた和製英語は、通じない可能性もあることを理解しておきましょう。

                   (第9章 和製英語を通じる英語に直す より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。