作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(8)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「面接中に、頭が真っ白になった」をどう訳しますか?

「面接中に、頭が真っ白になった」という日本語を、あなたは律儀に My head went white during the interview. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、My mind went blank during the interview. と表します。

英語で head と言うと、「喉より上のあらゆるもの」を意味します。ですから、head という単語を mind(頭の中)だけを表現するのに使うことはまれです。

このことは、「頭が回らない」 (My mind won't work.) や、「頭がいっぱい」 (I have a lot on my mind.) のような文にも当てはまります。

ただし、1つだけ例外があります。

それは、He has a good head on his shoulders.という表現です。これは彼が賢いことを意味しています。

さらにもう一点。「頭が真っ白」のところですが、直訳はwhiteを使っていますが、ここはblank(空っぽの)という形容詞が使われるべきです。

「頭が真っ白になった」をそのまま直訳すると、まるで突然白髪になったみたいです(笑)。

日本語を直訳する前に、「待てよ!」と考え直す余裕が、あなたの英語を救います。

                (第8章 日本語の表現に引きずられない より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。