作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(7)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「今までこんないい映画は見たことがない」をどう訳しますか?

「今までこんないい映画は見たことがない」という日本語を、あなたは律儀に I have never seen such a good movie as this before. と直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、It was the best movie I have ever seen. という言い方のほうを好みます。

「こんないい(または悪い)映画は見たことがない」と発言することは、今まで見た最高の(または最低の)映画だというのを、わざわざ長い文で言い換えたに過ぎません。

英語は何かを言うのに最もシンプルな方法を選ぶ傾向にあるので、強調表現は単純に最上級に置き換え、構文も否定文から肯定文に変えられるべきです。

こうして出来上がったのが、It was the best movie I have ever seen.というスマートな表現です。

同様に、「今までこんな美味しい料理は食べたことがない」も、This was the best meal I have ever had. とスッキリ言い切りましょう。

否定文をそのまま否定文にするのは単なる英作文、否定文を肯定文に言い換えてスッキリさせるのは、言ってみれば「超英作文」なのです!

                         (第7章 視点を変える より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。