作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(6)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「お先に失礼します」をどう訳しますか?

「お先に失礼します」という日本語を、あなたは律儀に Excuse me for leaving first. などと英語に直訳していませんか。

ネイティブスピーカーなら、I'll see you tomorrow (later / next week / again, etc.). と言うでしょう。

直訳のExcuse me for leaving first.は「先に帰ることを許してください」という意味になりますが、欧米人には違和感があります。

日本語では、このように現在進行中のプロセスに重点が置かれますが、英語では「その結果どうなるか」に関心の焦点が置かれます。

この場合、「先に帰る」結果として「しばらく会わない」ことになるので、英語では一足飛びに「次に会うとき」に焦点が移されるのです。

そのため、「また会いましょう」というポジティブな別れの言葉が好まれます。

別れる時に大事なのは、次にまた会うことの確認なのです。

だいいち、先に帰ることはなんら失礼なことでも謝るべきことでもありません。

あなたがいちばん伝えたいことを、コンパクトに英語にしてください。

                    (第6章 英語の発想のクセを身につける より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。