作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(5)


8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「食べ過ぎると太るよ」をどう訳しますか?

「食べ過ぎると太るよ」という日本語を、あなたは If you eat too much you will get fat. などと英語に直訳していませんか。

ネイティブスピーカーは、You will get fat if you eat too much. という言い方のほうを好みます。

英語ではたいていの場合、文の結果が最初に述べられ、過程がその後に続きます。

これは日本語と正反対です。日本語では結果が文末に来るからです。

直訳は文法的には間違いではありませんが、一般的にネイティブスピーカーは、get fat を文の最初に置くよう、順序を逆にするでしょう。

つまり、この文は、「こうしたらこうなる」という仮定の文ではなく、「こうなるぞ、そんなことをしていると」という警告の文なのです。

同様に、「もうそろそろ行かないと遅れちゃうよ」は、If you don't leave soon you'll be late. ではなく、順番を変えて、You will be late if you don't leave soon. と言ったほうが効果的です。

単なる直訳だと、「遅れるぞ」という警告の役割が弱くなってしまいます。

                  (第5章 分割する・補足する・順序を変える より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。