作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(4)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「これは注文したものと違いますが・・・」をどう訳しますか?

「これは注文したものと違いますが・・・」という日本語を、あなたは This is different to what I ordered. などと英語に直訳していませんか。

正しくは、This is not what I ordered. と言います。実に簡単ですね!

「~と違う」という言い方は、「思っていたのと違っていた」など、日本語でよく使われる表現です。

英語でも、似たようなもの同士を比較する時には、differentを使います。たとえば、My younger son has a different personality to my elder son.(次男は長男とは違う個性を持っている)のように。

しかし、この文の場合、ポイントは「これは注文したものとは違う」という〈状況〉ではなく、「私はこんなものは注文していない、だから受け取れない」という〈主張〉なのです。

このことを端的に表すには、This is not what I ordered. と否定文を使ったほうがストレートに伝わります。

「注文と違う」という表現は、状況を説明して相手に自分の要求を察してもらうという、日本人的発想から来ているように思われます。

もっとシンプルに考えましょう! 

もっとコンパクトな英語を使いましょう!

                  (第4章 あいまいな表現をはっきりさせる より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。