作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(3)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「職場に復帰する女性の数が増えている」をどう訳しますか?

「職場に復帰する女性の数が増えている」という日本語を、あなたは The number of women who are going back to work is increasing. などと英語に直訳していませんか。

正しくは、More women are going back to work. と言います。実に簡単ですね!

「職場に復帰する女性の数」を直訳するとthe number of women who are going back to workと長くなりますが、「数」という日本語にこだわらなければ、「より多くの女性が職場に復帰している」とはるかにシンプルに言うことができます。

不要な要素はカットしましょう。

その結果、More women are going back to work.という短い英文にすることができ、このほうが聞き手にとっても興味をいだかせる文になります。

余計な部分をカットして、訳しやすく、ネイティブ受けのよい英文にできるのですから、まさにいいことずくめ。

もっとシンプルに考えましょう! 

もっとコンパクトな英語を使いましょう!

                        (第3章 不要な言葉をカットする より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。