作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(2)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしています。今回もさっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「私の家族は三世代同居です」をどう訳しますか?

「私の家族は三世代同居です」という日本語を、あなたは My family is three generations living together. などと英語に直訳していませんか。

正しくは、We live with my grandparents. と言います。実に簡単ですね!

「三世代同居」は〈live with 誰々〉という基本語の組み合わせで表せます。

先ほどの直訳は、「私の家族は同居している三世代です」という意味になりますが、こんなに大袈裟に言わなくても、同じことを表すことができるのです。

この場合、話者が孫であるとすれば、We live with my grandparents.(祖父母と一緒に住んでいる)と言えば「三世代同居」であることがわかります。

文頭のWeで「自分たちの家族」のことを言っていることも明らかです。

もちろん、祖父がすでに他界している場合なら、with my grandmotherと言えばいいのです。

もっとシンプルに考えましょう! 

もっとコンパクトな英語を使いましょう!

                        (第2章 やさしい表現を使う より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。