作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英会話は、直訳をやめるとうまくいく!(1)

8月に中経出版から刊行した『「超発想」でシンプルに伝える英会話』のエッセンスを、少しずつお伝えしていきたいと思います。さっそく始めましょう。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●「体重が増えた」をどう訳しますか?

「体重が増えた」という日本語を、あなたは My body weight has gained. と英語に直訳していませんか。

正しくは、I have gained weight. と言います。

日本語の「体重が増えた」は、自分とは関係なしに体重が勝手に増えたように感じられます。英語では、意図的に体重を増やしたわけではなくても、話者が主体として関与していることをはっきりと表します。

その結果、I have gained weight.(私は体重を増した)という、日本語では奇妙に見える表現が成り立つのです。

同じように、「しゃっくりが止まらない」も、「私」を主語にして、I can't get rid of the hiccups. (私はしゃっくりを止められない)と表します。

「私」は生理現象でも主体として君臨するのです。

                        (第1章 「人」を中心に発想する より)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『「超発想」でシンプルに伝える英会話』は、親友の英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協議を重ねて、日本人の発想と英語ネイティブの発想の間に横たわるギャップに光を当てたユニークな本です。ぜひ書店で手にとってご覧ください。