作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

親しき仲にも礼儀あり!

 英語の世界にも礼儀作法はあるのか。もちろんあります。もしないとすれば、彼らは何を言っても腹を立てない聖人君子ばかりということになってしまいます。
 例えば、子供の世界にも、すでに礼儀作法はあります。これはアメリカに留学した高校生から教えてもらった、彼らの仲間内のジョークです。

 A: Give me that candy.
 B: You forgot to say"please".
 A: Please give me that candy.

 一応訳しておきましょうか。

 A:「そのアメくれよ」
 B:「『お願い』って言ってないよ!」
 A:「そのアメください」

 

 どんなに親しい間柄でも、人にお願いする時は「プリーズ」をつける、というのが礼儀の基本になっているのです。「プリーズ」は、人間関係を円滑にするための魔法の言葉として、子供の時からたたき込まれます。
 このように、英語の世界にも礼儀は厳然としてあるのですが、日本式の礼儀と微妙に異なる点もあります。

 先日、デイリー読売の若い英国人記者から、おもしろい話を聞きました。それは、日本人と会話をしていていちばん困るのはどういう時かという質問に対する、彼の答えです。
「日本人の会話にはフックがないのがいちばん困ります。いつ出てくるのかなと思ってずっと聞いているのですが、話があちこち行って、とうとう最後まで出てこない時もあります。これ、いちばん困ります」
 フック(hook)とは、本来は物を掛けるための留め金のことで、この場合は、会話の「つかみ」のことです。つまり、「これからこの話題について話しますよ」というシグナルがフックなのです。それがないと、相手が何を話そうとしているのかつかめない。まさに、つかみどころのない話になってしまうのです。
 日本の礼儀の中心は相手の立場を思いやることだと思いますが、この点は英語でも共通です。ただし、英語話者は、なるべく早く話の概要をつかもうとする点で、日本人よりもはるかに性急です。この欲求をすみやかに満足させてあげるのが、彼らに対する最大の礼儀なのではないでしょうか。

 私の知り合いで、「日本人の会話はつまらない。自分の話ではなく、すぐに会社の話をしようとするからだ」と言ったアメリカ人の女性がいます。
 会話は、あくまで個人対個人のゲームなのです。そこに会社の話を持ち込むと、「この人が大事にしているのは自分ではなく、自分の社会的な立場なのだ」と思われても仕方ありません。英語話者はスペスィフィック(具体的かつユニーク)な話題を好みます。自分の個性を売り込む際にも、先ほどの「つかみ」の技術はきわめて有効です。
 私の父は、長年高校の英語教師をしたあと、代々木ゼミナールの講師となり、米国人とペアでの英作文指導を得意としていました。彼は、新しい米国人講師と組むたびに、次のようなジョークを「つかみ」として使っていました。
「君は私を尊敬しなくてはならない。なぜなら、私は君が生まれるずっと前から英語を話していたのだから」。この「つかみ」はどの米国人にも大受けで、このひとことで、1年間の楽しい授業が保証されたようです。

 かく言う私は、初対面の外国人には、いつも次のような「つかみ」を使っています。
「私は英語の使い方の本を書くのに忙しすぎて、英語を使うチャンスが全くありません」と。これを聞くと、相手は私のおよその仕事内容と、私が英語を話したがっていることと、少しは英語が話せることを瞬時で会得し、大笑いしながら話に乗ってきてくれます。
 外国人と話す時は「会社人間」である前に、一個人としてアピールすることが、とても大切だと思います。そのための、あなただけのスペスィフィックでユニークな「つかみ」を用意しておいてはいかがでしょう。私の父や私の例のように、それはたったひとつの使い回しでもかまいません。それがあなたの「十八番」になればいいのです。
 繰り返しになりますが、英語話者と話す時も、相手の立場を思いやる必要があります。ただし、彼らは一般論や抽象論ではなく、あなた独自の話題を求めているのです。
 こう考えると、英語のうまいへたも、二の次でいいのです。あなたしか知らないとっておきのネタがあれば、彼らは万難を排してでもあなたとコンタクトを取りたがります。
 数年前、帯広のレストランで出会い、私の「つかみ」にはまったカナダ人の遺伝学の教授は、「どうしてもあの時の話の続きを聞かせてくれ。聞きたくておかしくなりそうだ」とメールを打ってきたほどです。

 英会話で礼儀を発揮するためには、勇気と度胸も大切かもしれませんが、私は工夫とセンスが何より大事だと思っています。そして、ちょっぴり相手を思いやる余裕があれば、言うことはありません。
 最後にひとこと。直訳英語には気をつけてください。例えば、「両親は恋愛結婚でした」と言いたくて、love marriage などという言葉を使えば、相手は、「この国では通常の結婚は愛情なしで行われるのか」と怪訝に思うでしょう。
 これは、相手の文化的な背景を考慮に入れて話すべきだということで、少し高度な礼儀の話になるかと思います。

(『仕事の会話100 すぐに英語で言えますか?』 2005年 角川書店刊 あとがきより)