作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第29回 doを使いまくった会話 (4)

母の日

【ガイド】
この花屋さんも、家庭では母親。男の子の不安に親切に答えています。dos and don'ts は do's and don't's とも書きます。「すべきこととすべきでないこと」というわけで、「決まりごと」という意味になります。書名などで使われると、「規則集」みたいなニュアンスになります。

 Son: I'm not hip to the dos and don'ts of floral arrangements.
 Florist: Is this for Mother's Day? Do you know what kind of flowers she likes?
 Son: Well, she has hardy green plants you can't do in too easily.
 Florist: Has your dad bought her roses or a corsage?
 Son: He has. I think he bought her an orchid corsage before.
 Florist: We can get real creative. Let me do my magic.
 Son: You know better.
 Florist: I'll do the arranging if you'll do the basket selecting.
 Son: Do you know how much this might cost?
 Florist: Oh. Let's just have some fun first.


【和訳】
子供:花の決まり事に詳しくないんです。
店員:母の日用ですか。お母さんがどのような花が好きか知っている?
子供:丈夫で枯れにくい観葉植物を育てています。
店員:お父さんはお母さんにバラの花かコサージを買ったことがあるかしら。
子供:はい。多分前に蘭のコサージを買ったと思います。
店員:ではもう少し考えましょう。私に任せてね。
子供:お願いします。
店員:籠を選んでくれたら、その間に花のアレンジをするから。
子供:いくらかかりますか。
店員:心配しないで、まずは選ぶのを楽しみましょう。

【語句注】
hip to「~に通じている」
dos and don'ts「注意事項」
floral arrangement 生け花。ここでは「花束」。
Mother's Day「母の日」
what kind of 「どのような種類の」
hardy green plants 丈夫な緑色植物
dad「お父さん」
roses ここでは「バラの花束」。
corsage「コサージュ」
get creative「創意工夫する」
do magic「手品を使う」
know better「よく知っている」
do the arranging ここでは「花束を作る」
do the selecting 選ぶことをする
how much ~ might cost「~にいくら費用がかかるか」
have fun 「楽しむ」