作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第48回 I を使いまくった会話(3)

  民事裁判所にて

【ガイド】
「民事裁判所」はcivil court、これに対し、「刑事裁判所」はcriminal courtと言います。また、「原告」はplaintiff、「被告」はdefendantです。原告は、被告がタイル貼りの費用を払っていない、と訴えています。被告は、仕事の仕上がりが気に食わないと主張しますが、判決は原告に軍配が上がります。

 Judge: Would both sides make your arguments.
 Plaintiff: I agreed to tile his bathroom floor and he backed out of the deal.
 Judge: Mr. Smith?
 Defendant: I didn't like the job he did.
 Plaintiff: I did the work and I should be paid.
 Judge: What was wrong his work?
 Defendant: I saw uneven tiles and they were the wrong shade of white.
 Judge: Let me review the case and I will have my verdict in a moment.
 Plaintiff: Okay.
 Judge: After reviewing, I favor on the side of the plaintiff. There was an agreement.

【和訳】
裁判官:両者とも主張を述べなさい。
原告:私は彼の家の浴室の床にタイルを貼ることを請け負いました。でも、彼はその契約を取り消したのです。
裁判官:スミスさんはどうですか?
被告:私は彼のした仕事が気に入りませんでした。
原告:私は仕事をしました。だから、彼は支払うべきです。
裁判長:彼の仕事のどこがまずかったのですか?
被告:タイルがでこぼこしていたし、白色の色合いも違っていました。
裁判長:本件を審査し、すぐに判決を下します。
原告:わかりました。
裁判官:審査した結果、原告勝訴とします。契約は有効だったと認めます。

【語句注】
judge  「裁判官」
argument 「主張」
plaintiff 「原告」
agree to ~ 「~に同意する」
tile ~ 「~にタイルを貼る」
back out 「取り消す」
deal 「契約、取り決め」
defendant 「被告」
job 「仕事」
work 「仕事」
should この場合は「~するべきである」。
wrong 「具合が悪い」
What was wrong with ~?  「~のどこが問題なのか」
uneven 「でこぼこの、平らでない」
shade 「色合い」
review 「審査する」
case 「件」
verdict 「判決」
after ~ing 「~した結果として」
favor on ~ 「~を支持する」
agreement 「契約、合意」