作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第44回 inを使いまくった会話(4)

  医者の予約

【ガイド】
お腹をこわした娘を持つ母親が、病院に急ぎの電話をそています。彼女の気持ちが通じたのか、忙しい医師の診察を、なんとか早めに予約することができたようです。「体のある部分に痛みがある」というとき、前置詞inがつかわれます。「腰が痛みます」は、I have a pain in my lower back.と言います。

 Receptionist: Hello, Dr. Morrison's office.
 Mrs. Knight: Yes, this is Mrs. Knight. My daughter isn't feeling well.
 Receptionist: Could you tell me how she's doing?
 Mrs. Knight: Yes. My daughter has a pain in her stomach.
 Receptionist: Dr. Morrison is busy. The next opening in his schedule is this evening.
 Mrs. Knight: Well, I think we can make it in then.
 Receptionist: Would 6:15 in the evening be alright?
 Mrs. Knight: In the meantime, what should I do for her?
 Receptionist: Hold on. I think we can fit her in around 3 p.m.
 Mrs. Knight: That's fine.


【和訳】
受付係:はい、モリソン医院です。
ナイト夫人:もしもし、こちらはナイトですが。娘の具合がよくないのです。
受付係:どんな具合ですか?
ナイト夫人:はい。お腹が痛いようです。
受付係:モリソン先生は忙しいので、お時間を取れるのは夕方になりますが。
ナイト夫人:ええ、それまで何とかしたいと思います。
受付係:夕方6時15分ではいかがでしょうか?
ナイト夫人:それまでの間、彼女に何をしてあげたらいいですか?
受付係:少々お待ちください。3時ごろにお取りできると思います。
ナイト夫人:助かります。


【語句注】
Dr. =Doctor 「医師」
feel well 「体の具合が良い、気分が良い」
Could you ~?  「~していただけませんか」
pain 「痛み」
in one's stomach 「腹部に、胃に」
opening 「空き」
make it 「持ちこたえる、都合をつける」
alright=all right
in the meantime 「その間に」
should 「~したほうがよい」
fit ~ in ... 「~を...にはめ込む」
around 「頃」