作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第33回 beを使いまくった会話(3)

  弟の失業

【ガイド】
前の会話の最後の文句、You'll be alright.が最初に使われていて、2つの会話がしりとりのようになっています。今回は、しょっぱなから姉が職を失った弟を、慰めています。Unemployment will be miserable.という弟のぼやきは、あまりに正直すぎて、ほほえましい感じさえします。

 Sister: You'll be alright.
 Brother: I'm so used to having a place to be and now my week is going to be empty.
 Sister: Don't be so negative. Have some confidence.
 Brother: Unemployment will be miserable. This economy is bad.
 Sister: You'll be back on your feet in no time.
 Brother: I worked really hard at my job. But I needed to be more productive.
 Sister: Maybe having some time off will be good for you.
 Brother: It's going to be weird.
 Sister: You just need let it be and move on.
 Brother: That's going to be easier said than done.


【和訳】
姉:何とかなるわよ。
弟:僕にはずっと居場所があったけど、いまや平日にはやることがないんだよ。
姉:そう悲観的になりなさんな。自信を持って。
弟:失業中って惨めだろうな。景気がよくないし。
姉:すぐに立ち直れるわよ。
弟:本当に一生懸命仕事をしていたんだ。でももっとがんばらなければいけなかったんだ。
姉:あなたにとって、しばらく休むのはきっといいことよ。
弟:妙な感じだろうな。
姉:流れに身を任せるの。気持ちを切り替えるのよ。
弟:それは言うは易く、行うは難しだよ。

【語句注】
alright  all rightと同義。この場合は「万事OKで」
be used to ~ 「~に慣れている」
empty 「からの、中身のない」
negative 「悲観的な、消極的な」
confidence 「自信」
unemployment 「失業(状態)」
miserable 「惨めな、不幸な、哀れな」
economy 「景気、経済」
be back on one's feet 「立ち直る、(状況が)良くなる」
in no time 「すぐに」
work hard 「一生懸命に働く」
productive 「生産的な、成果の上がる」
maybe  「たぶん、恐らく、きっと」
weird 「妙な」
have some time off 「まとまった休みがある」
let it be 「なるがままにさせておく、ほうっておく」
move on 「先へ進む」