作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第12回 takeを使いまくった英会話(2)

床屋にて

 

【ガイド】
髪が薄くなると、床屋に行くのが次第につらくなります。何かの魔法を使って、髪を豊かに見えるようにしてもらえないか。そんな切実な思いが、この会話から伝わってきます。最後の、I can't take the wind.は、ネイティブならではの、うまいtakeの使い方ですね。風は人の自由にはなりません。

 

 Barber: How would you like your haircut?
 Young man: The top is getting very thin so mainly take some off the sides and back.
 Barber: Are the men in your family going bald too? You must take after them.
 Young man: Yeah. I don't take pride in it but I feel at home around them.
 Barber: You can't take hair loss too seriously. It's part of life.
 Young man: It seems like there's less and less for you to cut every time I come in here.
 Barber: I'll still take pains with whatever hair you have left.
 Young man: Ha. Ha.
 Barber: I should take a little off the top so it won't move in the wind.
 Young man: Yeah. I can't take the wind. I have to hold my hair down.

【和訳】
床屋:髪形はどのようにしましょうか?
客:上の方がかなり薄くなってきているので、横と後ろを切ってくれ。
床屋:ご家族の男の方も薄くていらっしゃいますか。遺伝ですね。
客:そうなんだよ。自慢にはならないが、慣れてはきたよ。
床屋:そんなに気にすることはありませんよ。これもまた人生ですから。
客:ここに来るたびに切ってもらう量が少なくなるような気がする。
床屋:これでも残っている髪で苦労しているんですよ。
客:ハハハ。
床屋:風が吹いた時に髪が乱れないように、上の方も少し切りましょうか。
客:うん、風が吹くのは仕方ないから、髪の毛を落ち着かせないとね。

 

【語句注】
How would you like ~?「~をいかが致しましょうか」
get thin「薄くなる」
take off「取り除く」
go bald「禿げる」
take after ~「~に似る」
take pride in ~「~を誇りに感じる」
feel at home 「くつろぐ」
too seriously「過度に神経質な」
part of life 「人生の一部」
less and less「だんだん少なく」
come in ここでは「店に来る」
take pains「苦労する、気を使う」
in the wind「風で」
take the wind ここでは「風を止める」
hold down「押さえつける」