作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第27回 doを使いまくった英会話(2)

郵便局にて

 

【ガイド】
この会話では、助動詞のdoは2回だけ。Do you have ~? の文が2回使われていますね。それ以外はすべてdoが動詞として使われています。Do the honors.は、Would you do the honors? の略で、「~してください」と人に頼むときの口語的な言い方です。

 Postal worker: Hello. What can I do for you?
 Young man: I need to send this magazine to Italy.
 Postal worker: Let me weight it. Do you have a minute?
 Young man: Sure. Do the honors.
 Postal worker: It will be fourteen dollars.
 Young man: I...wasn't planning to spend that much. Do you have a smaller envelope?
 Postal worker: If it's alright we do a little harm to it, I can fold it up into this smaller one that is cheaper.
 Young man: Do your best.
 Postal worker: I'll do it up nice with this pretty cardboard envelope.
 Young man: That will do.


【和訳】
郵便局員:いらっしゃいませ。ご用件は?
客:この雑誌をイタリアに送りたいのですが。
局員:お計りします。お時間は大丈夫ですか?
客:はい、お願いします。
局員:14ドルです。
客:そんなに高いとは思わなかった。もっと小さな封筒ありますか?
局員:少し傷んでいいのでしたら、料金が少し安くなるこの小さな封筒に折り曲げて入れることができますが。
客:ではお願いします。
局員:この厚紙の封筒にきれいに入れましょう。
客:いいですね。

 

【語句注】
what can I do 店員が客に言う時は「いらっしゃいませ」
need to ここでは「~してもらいたい」。
weight ~「~の重さを測る」 このweightは動詞。
have a minute「少し時間がある」
do the honors「主人役を務める」 ここでは「お任せします」。
plan to spend「~費やす予定だ」
that much 「そんなにたくさん」
if it's alright「差し支えなければ」
do a harm「損害を与える、傷ませる」
fold ~ up「~をきちんと折り畳む」
smaller one「より小さな物」
do your best「最善を尽くす」
do it up「仕上げる」
cardboard envelope「厚紙でできた封筒」
that will do「それで充分だ」