作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

第26回 doを使いまくった英会話(1)

道を尋ねる

 

【ガイド】
この会話には、助動詞としてのdoが何度も出てきます。Do you think ~? や What do you need? は疑問文を作るdo。I do not have to ~ のdoは否定文を作るdoですね。唯一、動詞として使われているのは、What you want to do is ~ の文のdo。「あなたがしたいことは」という意味になります。道を教えるときに、こんな表現法もあるんですね。


  Older woman: Excuse me. Do you think you could help me?
 Man: Um. Yes. What do you need?
 Older woman: How do you get to the library?
 Man: The main library?
 Older woman: Yes.
 Man: What you want to do is go a few blocks south and take a right at the fast food place.
 Older woman: What fast food place do you mean?
 Man: McDonald's.
 Older woman: I do not have to walk far then.
 Man: Nope. Just a couple of blocks.


【和訳】
女:すみません、ちょっとお尋ね致します。
男:はい、何でしょうか?
女:図書館にはどのようにして行けばいいでしょうか。
男:中央図書館ですか。
女:ええ。
男:南に向かって数ブロック行くとファーストフードの店がありますので、そこを右に曲がってください。
女:どこのファーストフード店ですか?
男:マクドナルドです。
女:それならそんなに遠くはないですね。
男:はい、ほんの数ブロック先です。

【語句注】
excuse me 人に声をかける時の呼びかけ。ここでは「すみません」。
help ~「~を手助けする」
do you need ここでは「何をして欲しいのか」。
How do you get to ~? 「~にはどのように行くのか」
main library「中央図書館」
go a few blocks「数ブロック進む」
take a right「右に曲がる」
fast food place「ファーストフードの店」
what do you mean「どういう意味ですか」
McDonald's  ここでは「マクドナルド」というファーストフードの店。
walk far「遠くまで歩く」
nope 会話で使われる否定語。ここでは「いいえ」。
a couple of blocks「数ブロック」