作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

英単語倍増術 (ちくま新書)

■おそらく私の著作の中で最も評価の高い本。特に、第2章「英単語年代記(12枚のカードで語る英語史」は、複雑怪奇な英語史を明快かつヴィジュアルに整理したもので、たとえば、大学の教養で英語史を学んでいる人が、一晩で「英語史の骨格」をつかめるようなエッセンシャルな略史を書きたい、という気持ちで執筆しました。私の意図通り、大学のテキストとして使用されたケースもあったようです。著名な予備校講師がこの本を種本にした、という噂も聞きました。忘れた頃に必ず重版がかかるロングセラーです。


■ 第2章「英単語年代記」の詳細
1.先住民の時代 2.ケルト人の定住 3.ローマ人の遠征 4.ゲルマン人の征服 5.キリスト教化 6.ヴァイキングの侵略 7.ノルマン人の征服 8~9.大陸文化の流入 10~12.ルネッサンス


■ 表紙の言葉
英語の歴史は波瀾万丈の歴史である。そのいける承認が英単語なのだ。本書を手にされた読者に、単語の学習を通して、その背後にある壮大な歴史の重みを肌で感じていただければ、というのが私の願いである。この本の主人公は、英単語ではなく、むしろ英語そのもの である。