作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100

■ はじめに ■  (抜粋)

10分で結果を出せる音読の本


画期的な「大人のための音読テキスト」を作りたいと思い、英国人作家クリストファー・ベルトンさんと協力して本書を書きました。

どうすれば英語が口から出てくるようになるのか

この本は、次のような読者を想定しています。

TOEICテストで高得点を取り、英語についてはひと通り知っているのに、
いざとなると話せない! 頭には入っているのに、口から出てこない!

このような人たちに最適な学習法は「音読」です。ただし、音読をする上で、1つ気をつけなくてはならないのは、
「正しい発音」を聞かずに音読練習を続けると、自己流の発音が強化されてしまう、という点です。
そこで、この本では、すべての英文の音声を次のページからダウンロードできるようにしてあります。
お手本の発音を聞き、それを再生するつもりで「音読」してください。

どうすれば学習を継続できるのか

本書では、若手の、やる気満々のビジネスパーソンの1日を描いた100の英文を素材にしています。各PARTに10文が含まれています。

1つのPARTの10文は、1分間ですべて音読できるでしょう。したがって、100文を音読するのにかかる時間は、たったの10分なのです。
無理に暗記しようとしなくて結構です。この100文であれば、飽きずに何度も音読することができるでしょう。
音読を繰り返しているうちに、自然に頭の中に残るものがあります。それこそが「いつでもどこでも使える表現」となるのです。

100文を覚えれば、本当に成果が出るのか

100の例文の中に、中学1年から高校2年の5年間に習う文法事項がすべて入っています。
1つの例文を見開きで扱いますが、各例文とも、必ず2つのKEY EXPRESSIONが含まれています。これら1つ1つに解説と例文、エクササイズを用意しました。
本全体で200個にもなるKEY EXPRESSIONの内訳は、次の通りです。

---------------------------------------------------
文法事項(12)、文法的表現(32)、会話的表現(38)、動詞的フレーズ(44)、名詞的フレーズ(14)、形容詞的フレーズ(16)、 副詞的フレーズ(44)
---------------------------------------------------
このように、100の英文の中に、実際の会話で「使える」、パワフルなフレーズを盛り込んでいます。
どうか、スキマ時間を利用して、最低50回、できれば100回音読してください。
どうか、この本がボロボロになるまで音読し、音声を聞きまくってください。

たった10日で、その効果を実感して驚かれるでしょう。
あなたは、この本を使いこなすことで、「英語を知っている人」から「英語が使える人」に変身することができるのです。
目標が見える学習だからこそ、結果を出すことができる。
私たちはそう信じて、この本を編みました。

(ディスカヴァー・トウェンティワン刊 クリストファー・ベルトン氏と共著)