作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

ポケット版 たった100単語の英会話(青春文庫)

■ はじめに ■ 

 「どんな単語を覚えれば日常会話に役立つでしょう?」
 これからアメリカに行くという人に、こう尋ねられたとします。
 出発まで時間があれば、500単語とか300単語といった、まとまった数の単語を覚えることも可能でしょう。
 しかし、出発が1週間先とか3日後という相手に、そんな悠長なことを言っている余裕はありません。
 ある大学教授は、自分の教え子に「getとtakeさえ自由に使えれば、日常生活に不自由はしない!」と教えたそうです。
 そして、この学生は帰国後、開口一番「先生の言われたことは本当でした。getとtakeだけでほとんどOKでした!」と叫んだそうです。
 この話は、単語を多く覚えるよりも、基本単語の使い方に習熟したほうが、日常会話はうまくいく、ということを象徴的に示しています。
 本書では、英会話で最も役に立つ単語を、100単語にしぼりました。そして、この100単語を使いこなしていただくためのトレーニングを豊富にご用意しました。
 英会話のコツは、簡単な単語を十二分に使いこなすこと、これに尽きるのです。
 本書を読めば、最も効率よく英会話のノウハウを身につけることができます。