作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

幻冬舎新書、即重版決定! (初版を購入された方へ)

5月30日に、幻冬舎新書、『英語ベストセラー本の研究』が刊行されましたが、おかげさまで売れ行き好調で、早くも5000部の増刷が決まりました。この本の刊行に合わせて、「日経
ビジネスオンライン」で行っている全6回の連載も、追い風になっています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080528/159493/

初版を購入された方へ (訂正のお知らせ)
重版に向けて、次の修正を行ったことをお伝えすると共に、初版を購入された方に謹んでお詫び申し上げます。
①p12右上: *太字は本書で・・・ → *印は本書で・・・
②p55、11行目: 計五〇〇〇部 → 計五〇〇万部
③p117、2行目:
国民全体の英語教育のあり方を問うた平泉に対して、自身の体験を踏まえ、一部のエリートのための英語教育にこだわった渡部の論点は、結局すれ違いに終わった感がある。
                      ↓
国民全体への英語教育は非効率的なので少数のエリートのみが「使える英語」を学ぶべきだとした平泉に対して、思考訓練を兼ねた教養的英語を国民全体に平等に教えるべきだと主張した渡部の論点は、結局すれ違いに終わった感がある。

④p215、5行目:
村松増美の『私も英語が話せなかった』での言い方を踏襲すると、 
                      ↓
『國弘流 英語の話しかた』での言い方を私なりに言い換えるとするなら、

*なお、③の修正に関しては、 「ブログ「語学の方程式」を運営している澁澤寅彦さんのご指摘を受けての修正です。重版直前の絶妙なタイミングでお知らせくださった澁澤さんに深く感謝の意を表したいと思います。